商品名

オプチレイ350注100mL 医薬品基本情報

薬効

7219 その他のX線造影剤

一般名

イオベルソール注射液

英名

Optiray

剤型

注射液

薬価

7010.00成分一致薬品で比較

規格

74.1% 100mL 1瓶

メーカー

ゲルベ・ジャパン

毒劇区分

オプチレイ350注100mLの効能効果

大動脈撮影、血管心臓撮影、選択的血管撮影、腹部コンピューター断層撮影の造影

オプチレイ350注100mLの使用制限等

 1.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、ヨードに過敏症の既往、重篤な甲状腺疾患

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.一般状態の極度に悪い、気管支喘息、重篤な心障害、重篤な肝障害、重篤な腎障害、無尿、マクログロブリン血症、多発性骨髄腫、多発性骨髄腫で脱水症状、テタニー、褐色細胞腫又はその恐れ・疑い

記載場所

使用上の注意

注意レベル

原則禁止

 3.アレルギーの家族歴、気管支喘息の家族歴、蕁麻疹の家族歴、発疹の家族歴、アレルギーを起こし易い体質、気管支喘息を起こし易い体質、蕁麻疹を起こし易い体質、発疹を起こし易い体質、薬物過敏症の既往、脱水症状、高血圧症、動脈硬化、糖尿病、甲状腺疾患、肝機能低下、腎機能低下、急性膵炎

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 4.急性膵炎

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

オプチレイ350注100mLの副作用等

 1.肝機能障害、AST異常、GOT異常、ALT異常、GPT異常、γ-GTP異常、黄疸、血小板減少、脳血管障害、脳梗塞増悪、皮膚障害、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、発熱、紅斑、そう痒感、眼充血、口内炎

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.ショック、遅発性ショック、失神、意識消失、呼吸困難、呼吸停止、心停止、咽頭浮腫、喉頭浮腫、アナフィラキシー、遅発性アナフィラキシー、心室細動、冠動脈攣縮、急性腎不全、肺水腫、痙攣発作、麻痺

記載場所

重大な副作用

頻度

0.1%未満

 3.過敏症、発汗、顔面蒼白、呼吸困難、嗄声、鼻汁、咽頭違和感、喉頭違和感、喉頭浮腫、喘息発作、上肢脱力、振戦、失見当識、しびれ、しびれ感、一過性盲、視力障害、味覚異常、嗅覚異常、発熱、結膜充血、倦怠感

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.蕁麻疹、発疹、そう痒感、血圧低下、嘔気、嘔吐

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 5.発赤、潮紅、湿疹、徐脈、頻脈、心悸亢進、不整脈、血圧上昇、咳、くしゃみ、鼻閉、頭痛、眠気、耳鳴、眩暈、上腹部痛、腹痛、下痢、BUN上昇、クレアチニン上昇、尿中蛋白陽性、浮腫、腫脹、胸部痛、胸部絞扼感、悪寒、熱感、注射部位漏出、血中尿酸増加

記載場所

その他の副作用

頻度

0.1%未満

 6.ショック、重篤な副作用、血液のゼラチン様変化、死亡、腎不全、無尿、血圧上昇、頻脈、不整脈、急性腎不全、過敏反応、重篤な遅発性副作用、遅発性ショック、腎機能低下、血管痛、血栓性静脈炎、発赤、腫脹、水疱

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

オプチレイ350注100mLの相互作用

 1.薬剤名等 : ビグアナイド系糖尿病用薬

発現事象

X線ヨード造影剤との併用により乳酸アシドーシス

理由原因

ビグアナイド系糖尿病用薬の腎排泄が減少し、血中濃度が上昇

投与条件

-

指示

注意

オプチレイ350注100mLの配合変化

 1.薬剤名等 : モノエタノールアミンオレイン酸塩注

発現事象

白濁

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : エタノール

発現事象

白濁

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 3.薬剤名等 : 抗ヒスタミン剤

発現事象

配合変化

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 4.薬剤名等 : 副腎皮質ホルモン剤

発現事象

配合変化

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

オプチレイ350注100mL

オプチレイ350注100mL

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます