商品名

オムニスキャン静注32%シリンジ20mL 医薬品基本情報

薬効

7290 その他の診断用薬(体外診断用医薬品を除く)

一般名

ガドジアミド水和物キット

英名

Omniscan

剤型

キット類

薬価

6648.00成分一致薬品で比較

規格

32.3% 20mL 1筒

メーカー

GEヘルスケアファーマ

毒劇区分

オムニスキャン静注32%シリンジ20mLの効能効果

磁気共鳴コンピューター断層撮影の (躯幹部・四肢造影、脳・脊髄造影)

オムニスキャン静注32%シリンジ20mLの使用制限等

 1.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、重篤な腎障害、急性腎障害、eGFRが30mL/min/1.73㎡未満の慢性腎障害、長期透析が行われている終末期腎障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.一般状態の極度に悪い、気管支喘息、重篤な肝障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

原則禁止

 3.アレルギーを起こし易い体質、アレルギー性鼻炎を起こし易い体質、蕁麻疹を起こし易い体質、発疹を起こし易い体質、アレルギーの家族歴、アレルギー性鼻炎の家族歴、気管支喘息の家族歴、蕁麻疹の家族歴、発疹の家族歴、薬物過敏症の既往、痙攣を起こし易い体質、てんかんを起こし易い体質、痙攣又はその既往、てんかん又はその既往、腎機能低下又はその恐れ・疑い、腎障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 4.重篤な腎障害

記載場所

重大な副作用

注意レベル

注意

 5.腎機能低下又はその恐れ・疑い、重篤な腎障害、腎障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

オムニスキャン静注32%シリンジ20mLの副作用等

 1.臨床検査値異常

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.ショック、意識消失、顔面蒼白、呼吸困難、咽頭浮腫、喉頭浮腫、顔面浮腫、アナフィラキシー、痙攣発作、腎性全身性線維症、Nephrogenic Systemic Fibrosis、NSF、皮膚そう痒、皮膚腫脹、皮膚硬化、関節硬直、筋力低下

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.血圧低下、血圧上昇、動悸、頻脈、喘息

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.悪心、肝機能障害、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 5.過敏症、発赤、発疹、蕁麻疹、そう痒感、顔面潮紅、赤血球減少、白血球変動、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少、血小板減少、咳嗽、くしゃみ、鼻閉、頭痛、眩暈、下痢、嘔吐、総ビリルビン上昇、気分不快感、発汗、温熱感、発熱、悪寒、冷汗、冷感、結膜充血、LDH上昇、カリウム値変動、クロル値上昇、血清鉄変動、尿蛋白増加、尿沈渣増加

記載場所

その他の副作用

頻度

0.1%未満

 6.重篤な副作用、腎性全身性線維症、ショック、アナフィラキシー、痙攣、遅発性副作用、発熱、発疹、悪心、血圧低下、呼吸困難、胎仔骨格異常、血管痛、血栓性静脈炎、発赤、腫脹、水疱

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

オムニスキャン静注32%シリンジ20mL

オムニスキャン静注32%シリンジ20mL

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます