商品名

チャンピックス錠0.5mg 医薬品基本情報

薬効

7990 他に分類されない治療を主目的としない医薬品

一般名

バレニクリン酒石酸塩錠

英名

Champix

剤型

薬価

136.40成分一致薬品で比較

規格

0.5mg 1錠

メーカー

ファイザー

毒劇区分

(劇)

チャンピックス錠0.5mgの効能効果

ニコチン依存症の禁煙の補助

チャンピックス錠0.5mgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.精神疾患、統合失調症、双極性障害、うつ病、重度腎機能障害、血液透析

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.重度腎機能障害、クレアチニンクリアランス推定値:30mL/分未満

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 4.重度腎機能障害、心血管疾患を有する等の高リスク

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

チャンピックス錠0.5mgの副作用等

 1.皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、多形紅斑、皮疹、顔面腫脹、舌腫脹、口唇腫脹、咽頭腫脹、喉頭腫脹、腫脹、血管浮腫、意識レベル低下、意識消失、意識障害、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇、肝機能障害、黄疸

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.異常な夢、不眠症、頭痛、便秘、嘔気、鼓腸

記載場所

その他の副作用

 3.精神障害、攻撃的行動、敵意、記憶障害、健忘、一過性健忘、痙攣、イレウス、浮腫、末梢性浮腫

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.上気道感染、気管支炎、食欲不振、食欲亢進、多飲症、リビドー減退、易刺激性、感情不安定、激越、睡眠障害、不安、抑うつ、落ち着きのなさ、精神緩慢、気分変動、思考異常、不快気分、傾眠、振戦、注意力障害、味覚異常、嗜眠、協調運動異常、構語障害、感覚鈍麻、心房細動、動悸、狭心症、ほてり、高血圧、眼痛、羞明、暗点、結膜炎、耳鳴、咽喉刺激感、咳嗽、呼吸困難、嗄声、鼻漏、気道うっ血、副鼻腔うっ血、いびき、胃食道逆流性疾患、胃不快感、下痢、口内乾燥、消化不良、軟便、腹痛、腹部膨満、嘔吐、おくび、胃炎、歯肉痛、吐血、血便排泄、口内炎、ざ瘡、皮膚そう痒症、発疹、紅斑、多汗症、筋痛、筋痙攣、関節硬直、関節痛、背部痛、頻尿、夜間頻尿、糖尿、多尿、月経過多、性機能不全、胸痛、倦怠感、口渇、無力症、眩暈、胸部不快感、発熱、肝機能検査値異常、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、血中ビリルビン上昇、心電図ST部分下降、心電図T波振幅減少、心拍数増加、血小板数減少、体重増加

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 5.抑うつ気分、不安、焦燥、興奮、行動変化、思考変化、精神障害、気分変動、攻撃的行動、敵意、自殺念慮、自殺、出生仔体重低下、受胎能低下、聴覚性驚愕反応亢進、胎仔体重低下、嘔吐、心血管イベント、心血管死、冠動脈疾患、脳血管疾患、末梢血管疾患、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、褐色脂肪腫

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

チャンピックス錠0.5mgの相互作用

 1.薬剤名等 : 禁煙補助薬

発現事象

副作用発現率の上昇

理由原因

本剤の有効性及び安全性は単剤投与により確認

投与条件

-

指示

原則禁止

 2.薬剤名等 : CYP1A2の基質となる薬剤

発現事象

血漿濃度が上昇

理由原因

喫煙によりCYP1A2の活性が誘導される

投与条件

禁煙を開始後

指示

注意

 3.薬剤名等 : シメチジン

発現事象

本剤の腎クリアランスが低下、全身曝露量が増加

理由原因

シメチジンが尿細管における本剤の輸送を阻害し、腎クリアランスを低下させ、また、本剤は腎排泄される

投与条件

-

指示

注意

チャンピックス錠0.5mgの成分一致薬品

チャンピックス錠0.5mg

チャンピックス錠0.5mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます