商品名

サルプレップ配合内用液 医薬品基本情報

サルプレップ配合内用液の効能効果

大腸内視鏡検査時前処置の腸管内容物の排除

サルプレップ配合内用液の使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、胃腸管閉塞症又はその恐れ・疑い、腸閉塞又はその恐れ・疑い、腸管穿孔、胃排出不全、中毒性巨大結腸症、重度腎機能障害、クレアチニンクリアランスが30mL/分未満

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.腸管内に内容物が貯留、電解質異常、高度便秘、腸管狭窄、腸管憩室、腹部手術の既往、脱水又はその恐れ・疑い、高マグネシウム血症、誤嚥を起こす又はその恐れ・疑い、意識障害、嚥下困難、狭心症、陳旧性心筋梗塞、心機能障害、うっ血性心不全、重度活動性炎症性腸疾患、高尿酸血症、腎機能に影響を及ぼす薬剤使用中、痙攣発作の既往、低ナトリウム血症の既往、低ナトリウム血症又はその恐れ・疑い、アルコールの禁断症状、ベンゾジアゼピンの禁断症状、痙攣発作のリスクが高い、痙攣発作の閾値を低下させる薬剤使用中、三環系抗うつ薬使用中、糖尿病用薬投与中

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

サルプレップ配合内用液の副作用等

 1.腸管穿孔、腸閉塞、鼡径ヘルニア嵌頓

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.ショック、アナフィラキシー、顔面蒼白、血圧低下、嘔吐、嘔気持続、気分不良、眩暈、冷感、蕁麻疹、呼吸困難、顔面浮腫、低ナトリウム血症、意識障害、痙攣、虚血性大腸炎、嘔気、マロリー・ワイス症候群、吐血、血便、失神、意識消失

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.高マグネシウム血症、呼吸抑制、意識障害、不整脈、心停止、嘔気、嘔吐、筋力低下、傾眠、血圧低下、徐脈、皮膚潮紅

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 4.過敏症、蕁麻疹、そう痒症、発疹、紅斑、呼吸困難、咽喉絞扼感、頭痛、腹痛、肛門直腸不快感、口内乾燥、高ビリルビン血症、AST上昇、GOT上昇、排尿困難、全身不快感、CK上昇、CPK上昇、LDH上昇、血中リン増加、低カリウム血症、低カルシウム血症、高尿酸血症

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 5.悪心、嘔吐、腹部不快感、腹部膨満、胃食道逆流性疾患、期外収縮、心電図ST-T部分異常、尿中血陽性、尿中蛋白陽性、血中重炭酸塩増加、血中コレステロール増加、尿中ブドウ糖陽性、悪寒、発熱

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 6.腹痛、消化器症状

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 7.腹痛、嘔吐

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 8.電解質異常

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 9.腸管穿孔、ショック、アナフィラキシー、腹膜炎、重篤な合併症、穿孔、腸管出血、腸閉塞、虚血性大腸炎、マロリー・ワイス症候群、高マグネシウム血症、重篤な鼓腸、腹部膨満感、腹痛、嘔気、嘔吐、処置の継続を困難にするような何らかの反応、めまい、ふらつき、一過性血圧低下、嚥下性肺炎、呼吸困難、不整脈、一過性尿酸上昇、電解質異常、痙攣発作、低血糖、重篤な転帰、激しい下痢、重篤な電解質異常

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

サルプレップ配合内用液の相互作用

 1.薬剤名等 : 経口投与された薬剤

発現事象

吸収を妨げる

理由原因

本剤による腸管洗浄

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : 腎機能に影響を及ぼす薬剤使用中

発現事象

電解質異常

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : 三環系抗うつ薬使用中

発現事象

痙攣発作、電解質異常

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : 痙攣発作の閾値を低下させる薬剤使用中

発現事象

痙攣発作、電解質異常

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : テトラサイクリン系抗生物質

発現事象

効果が減弱

理由原因

マグネシウムイオンが各薬剤との間で難溶性キレートを形成することにより、もしくは本剤の投与により消化管内のpHが上昇することにより、各薬剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : フルオロキノロン系抗菌剤

発現事象

効果が減弱

理由原因

マグネシウムイオンが各薬剤との間で難溶性キレートを形成することにより、もしくは本剤の投与により消化管内のpHが上昇することにより、各薬剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : 鉄剤

発現事象

効果が減弱

理由原因

マグネシウムイオンが各薬剤との間で難溶性キレートを形成することにより、もしくは本剤の投与により消化管内のpHが上昇することにより、各薬剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : ジゴキシン

発現事象

効果が減弱

理由原因

マグネシウムイオンが各薬剤との間で難溶性キレートを形成することにより、もしくは本剤の投与により消化管内のpHが上昇することにより、各薬剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

 9.薬剤名等 : クロルプロマジン

発現事象

効果が減弱

理由原因

マグネシウムイオンが各薬剤との間で難溶性キレートを形成することにより、もしくは本剤の投与により消化管内のpHが上昇することにより、各薬剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

10.薬剤名等 : ペニシラミン等

発現事象

効果が減弱

理由原因

マグネシウムイオンが各薬剤との間で難溶性キレートを形成することにより、もしくは本剤の投与により消化管内のpHが上昇することにより、各薬剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

サルプレップ配合内用液の成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

サルプレップ配合内用液

サルプレップ配合内用液

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます