商品名

精製水(高杉製薬) 添付文書情報

精製水(高杉製薬)の用法用量

  • 1.溶解剤として製剤、試薬、試液の調製に用いる。医療機器の洗浄に用いる。
  • 2.溶解剤としてコンタクトレンズの洗浄剤・保存液の調整に用いる(コンタクトレンズ装着液としては用いない)。

精製水(高杉製薬)の効能効果

  • 1.溶解剤として製剤、試薬、試液の調製に用いる。医療機器の洗浄に用いる。
  • 2.溶解剤としてコンタクトレンズの洗浄剤・保存液の調整に用いる(コンタクトレンズ装着液としては用いない)。

精製水(高杉製薬)の使用上の注意

【使用上の注意】

  • 1.注射剤の調製には用いない。
  • 2.液を取り出したあとは直ちに密栓し、開口状態で長く放置しない。
  • 3.一度取り出した液を元の容器に戻さない。
  • 4.開封後はなるべく速やかに使用する。
  • 5.容器の先が、人指等に触れると、雑菌等により液の汚染又は汚濁を生じることがあるので注意する。
  • 6.におい、混濁、沈澱が生じたものは使用しない。
  • 7.ソフトコンタクトレンズの洗浄剤、保存液の調整に本品を用いた場合は、装着前に必ずソフトコンタクトレンズを煮沸消毒する。

【保管上の注意】

  • 1.直射日光を避ける。
  • 2.密栓して、なるべく冷所に保管する。
  • 3.他の容器に移し替えない。
  • 4.気密容器。

【取扱い上の注意】

  • 1.本剤500mL品は、キャップを取らずに使用できる、便利で衛生的なワンタッチキャップを用いている。
    • 1)キャップの上ぶたを親指でハネ上げる。
    • 2)注口を容器に向け、胴を押さえて液を出す。
  • 2.本剤20L品は、注入口を開け、コックを取り付けて使用する。
精製水(高杉製薬)

精製水(高杉製薬)

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます