商品名

エトドラク錠200mg「日医工」 医薬品基本情報

薬効

1149 その他の解熱鎮痛消炎剤

一般名

エトドラク錠

英名

Etodolac

剤型

薬価

10.20成分一致薬品で比較

規格

200mg 1錠

メーカー

日医工

毒劇区分

(劇)

エトドラク錠200mg「日医工」の効能効果

(肩関節周囲炎、頚腕症候群、腱鞘炎、変形性関節症、腰痛症、関節リウマチ) の (消炎、鎮痛) 、 (外傷後、手術後) の (消炎、鎮痛)

エトドラク錠200mg「日医工」の使用制限等

 1.消化性潰瘍、重篤な血液異常、重篤な肝障害、重篤な腎障害、重篤な心機能不全、重篤な高血圧症、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、アスピリン喘息又はその既往、非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作又はその既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.消化性潰瘍の既往、非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍、血液異常又はその既往、肝障害又はその既往、腎障害又はその既往、心機能障害、高血圧症、過敏症の既往、気管支喘息、SLE、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、クローン病、感染症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

エトドラク錠200mg「日医工」の副作用等

 1.ショック、アナフィラキシー様症状、呼吸困難、蕁麻疹、全身潮紅、血管浮腫、喘鳴、消化性潰瘍、穿孔、胃痛、嘔吐、吐血、下血、胃腸出血、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死症、Lyell症候群、汎血球減少、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少、急性腎不全、間質性腎炎、腎乳頭壊死、慢性腎不全の急性増悪、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇、肝機能障害、黄疸、うっ血性心不全、好酸球性肺炎、間質性肺炎、発熱、咳嗽、胸部X線上異常陰影

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.発疹、皮膚そう痒感、蕁麻疹、紅斑、光線過敏症、紫斑、斑状出血、皮膚血管炎、白血球破砕性血管炎、腹痛、悪心、嘔吐、食欲不振、下痢、口内炎、消化不良、胃炎、腹部膨満感、舌炎、口渇、便秘、しゃっくり、眩暈、しびれ、眠気、頭痛、振戦、肝機能異常、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、腎機能異常、蛋白尿、BUN上昇、顕微鏡的血尿、貧血、白血球減少、好酸球増多、浮腫、発熱、胸痛、倦怠感、ほてり、発赤、排尿困難、動悸、喘息、味覚異常、視覚異常、かすみ目

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.異常

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 4.感染症を不顕性化、分娩障害、胎仔動脈管収縮、嗜眠、傾眠、悪心、嘔吐、心窩部痛、一時的不妊

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

エトドラク錠200mg「日医工」の相互作用

 1.薬剤名等 : 消炎鎮痛剤等

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

希望禁止

 2.薬剤名等 : クマリン系抗凝血剤

発現事象

抗凝血作用を増強、プロトロンビン時間の延長<出血を伴うことがある>

理由原因

本剤のヒトでの蛋白結合率は、99%と高く、蛋白結合率の高い薬剤と併用すると血中に活性型の併用薬が増加し、その薬剤の作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : チアジド系利尿降圧剤

発現事象

利尿降圧作用を減弱

理由原因

本剤の腎におけるプロスタグランジン生合成阻害作用により、水、Naの排泄を減少

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : リチウム製剤

発現事象

血中リチウム濃度を上昇させリチウム中毒

理由原因

本剤の腎におけるプロスタグランジン生合成阻害作用により、炭酸リチウムの腎排泄を減少

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : メトトレキサート

発現事象

血中濃度を高める

理由原因

本剤の腎におけるプロスタグランジン生合成阻害作用により、メトトレキサートの腎排泄を減少

投与条件

-

指示

注意

エトドラク錠200mg「日医工」

エトドラク錠200mg「日医工」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます