商品名

ノリトレン錠10mg 医薬品基本情報

薬効

1179 その他の精神神経用剤

一般名

ノルトリプチリン塩酸塩錠

英名

Noritren

剤型

薬価

5.70成分一致薬品で比較

規格

10mg 1錠

メーカー

住友ファーマ

毒劇区分

(劇)

ノリトレン錠10mgの効能効果

神経症性うつ状態、退行期うつ病、内因性うつ病、反応性うつ病、うつ状態、うつ病、脳器質性精神障害のうつ状態

ノリトレン錠10mgの使用制限等

 1.閉塞隅角緑内障、類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、心筋梗塞の回復初期、尿閉、前立腺疾患、モノアミン酸化酵素阻害剤投与中、モノアミン酸化酵素阻害剤投与中止後2週間以内

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.排尿困難、眼圧上昇、開放隅角緑内障、狭心症、甲状腺機能亢進症、刺激伝導障害、心不全、発作性頻拍、不整脈、心筋梗塞<回復初期を除く>、心疾患<心筋梗塞の回復初期を除く>、てんかん又はその既往、痙れん性疾患又はその既往、躁うつ病、脳器質障害、統合失調症素因、衝動性が高い併存障害、自殺企図の既往、自殺念慮又はその既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

ノリトレン錠10mgの副作用等

 1.自殺念慮、自殺企図

記載場所

効能・効果

頻度

頻度不明

 2.てんかん発作、無顆粒球症、発熱、咽頭痛、インフルエンザ様症状、腸管麻痺、食欲不振、著しい便秘、腹部膨満、腹部弛緩、腸内容物うっ滞、麻痺性イレウス、悪心、嘔吐、悪性症候群、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗、低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量増加、高張尿、痙れん、意識障害、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、SIADH、心室性頻拍、Torsades de pointes

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.口渇

記載場所

その他の副作用

 4.動悸、心電図異常、QT延長、幻覚、せん妄、精神錯乱、運動失調、抗コリン作用、眼圧上昇、白血球減少、AST上昇、ALT上昇、肝障害

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 5.血圧降下、血圧上昇、頻脈、眠気、不眠、振戦、パーキンソン症状、焦燥、不安、耳鳴、知覚異常、便秘、排尿困難、視調節障害、鼻閉、過敏症、発疹、そう痒感、黄疸、食欲不振、悪心、嘔吐、味覚異常、下痢、口周部不随意運動、不随意運動、眩暈、頭痛、倦怠感、ふらつき、発汗

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 6.無顆粒球症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 7.心室性頻拍、Torsades de pointes

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 8.不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア、精神運動不穏、軽躁、躁病、自殺念慮、自殺企図、他害行為、不安増悪、焦燥増悪、興奮増悪、パニック発作増悪、不眠増悪、易刺激性増悪、敵意増悪、攻撃性増悪、衝動性増悪、アカシジア増悪、精神運動不穏増悪、軽躁増悪、躁病増悪、嘔気、頭痛、倦怠感、情動不安、睡眠障害、離脱症状、躁転、催奇形性、外形異常、起立性低血圧、ふらつき、口渇、排尿困難、便秘、眼圧上昇、昏睡、錯乱、激越、異常高熱、筋強剛、反射亢進、痙れん、不整脈、伝導障害、心電図異常、うっ血性心不全、ショック、嘔吐、骨折

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ノリトレン錠10mgの相互作用

 1.薬剤名等 : モノアミン酸化酵素阻害剤投与中止後2週間以内

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : モノアミン酸化酵素阻害剤

発現事象

異常高熱、昏睡、発汗、不穏、全身痙れん

理由原因

相加・相乗作用

投与条件

-

指示

禁止

 3.薬剤名等 : 抗コリン作用を有する薬剤

発現事象

便秘、排尿困難、口渇、眼圧上昇

理由原因

抗コリン作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : バルプロ酸ナトリウム

発現事象

本剤の作用が増強

理由原因

本剤の血中濃度が上昇

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : 中枢神経抑制剤

発現事象

眠気、脱力感、ふらつき、倦怠感

理由原因

中枢神経抑制作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : アルコール

発現事象

本剤の中枢神経抑制作用が増強

理由原因

中枢神経抑制作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : アドレナリン作動薬

発現事象

過度の交感神経興奮、異常高熱、重篤な高血圧

理由原因

三環系抗うつ剤は交感神経終末へのノルアドレナリンの取り込みを抑制し、作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : リファンピシン

発現事象

本剤の作用が減弱

理由原因

リファンピシンの肝CYP誘導作用により、本剤の代謝が促進

投与条件

-

指示

注意

 9.薬剤名等 : スルファメトキサゾール・トリメトプリム

発現事象

本剤の作用が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

10.薬剤名等 : キニジン

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

キニジンの肝CYP2D6阻害作用により、本剤の代謝が抑制

投与条件

-

指示

注意

11.薬剤名等 : クマリン系抗凝血剤

発現事象

血中濃度半減期が延長

理由原因

本剤がワルファリンの肝代謝を抑制

投与条件

-

指示

注意

12.薬剤名等 : 血糖降下剤

発現事象

血糖降下作用が増強

理由原因

本剤がインスリン感受性を増強

投与条件

-

指示

注意

ノリトレン錠10mg

ノリトレン錠10mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます