商品名

インチュニブ錠1mg 医薬品基本情報

薬効

1179 その他の精神神経用剤

一般名

グアンファシン塩酸塩徐放錠

英名

Intuniv

剤型

徐放錠

薬価

410.70成分一致薬品で比較

規格

1mg 1錠

メーカー

塩野義製薬

毒劇区分

(劇)

インチュニブ錠1mgの効能効果

AD/HD、注意欠陥/多動性障害

インチュニブ錠1mgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、房室ブロック<第三度>、房室ブロック<第二度>

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.投与開始前に心電図異常

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.重度肝機能障害、重度腎機能障害、CYP3A4/5阻害剤投与中

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 4.心血管疾患又はその既往、投与開始前に心電図異常、起立性低血圧又はその既往、徐脈又はその既往、低血圧又はその既往、血圧を低下させる作用を有する薬剤投与中、脈拍数を減少させる作用を有する薬剤投与中、高血圧又はその既往、不整脈又はその既往、先天性QT延長症候群、QT延長を起こすことが知られている薬剤投与中、狭心症又はその既往、虚血性心疾患又はその既往、心筋梗塞又はその既往、脳血管障害、脳梗塞、抑うつ状態、重度腎機能障害、重度肝機能障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

インチュニブ錠1mgの副作用等

 1.血圧上昇、頻脈

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.高度低血圧、徐脈、失神

記載場所

重大な副作用

 3.失神

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 4.房室ブロック

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 5.傾眠、頭痛、不眠、めまい、口渇、便秘、倦怠感

記載場所

その他の副作用

 6.過敏症、発疹、そう痒、蒼白、高血圧性脳症、QT延長、不安、うつ病、嗜眠、痙攣、過眠症、喘息、脱水、勃起不全

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 7.起立性低血圧、血圧上昇、頻脈、洞性不整脈、易刺激性、悪夢、感情不安定、激越、鎮静、無力症、腹痛、食欲減退、悪心、下痢、腹部不快感、嘔吐、消化不良、遺尿、体重増加、頻尿、胸痛、ALT上昇

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 8.高度血圧低下、脈拍数減少、失神

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 9.心血管系への影響、高度徐脈、低血圧、QT延長

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

10.心血管系への影響、高度徐脈、低血圧、QT延長、心血管系への影響を示唆する症状、徐脈、失神、ふらつき、動悸

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

11.体重増加、肥満

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

12.脱水、傾眠、血圧低下、自殺念慮、自殺行為、心拍数低下、血圧上昇、QT延長、催奇形作用、外脳症、脊椎破裂症、低血圧、徐脈、一過性高血圧、嗜眠、呼吸抑制、昏睡、重篤な毒性

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

インチュニブ錠1mgの相互作用

 1.薬剤名等 : QT延長を起こすことが知られている薬剤投与中

発現事象

QT延長

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : CYP3A4/5阻害剤

発現事象

本剤の血中濃度が上昇し作用が増強

理由原因

これらの薬剤により、本剤の代謝が阻害、ケトコナゾール(経口剤、国内未発売)との併用により、本剤のAUCが3倍増加

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : CYP3A4/5誘導剤

発現事象

本剤の血中濃度が減少し作用が減弱

理由原因

これらの薬剤により、本剤の代謝が促進、リファンピシンとの併用により、本剤のAUCが約70%減少

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : 中枢神経抑制剤

発現事象

相互に作用を増強

理由原因

これらの薬剤により、本剤の鎮静作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : アルコール

発現事象

相互に作用を増強

理由原因

これらの薬剤により、本剤の鎮静作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : バルプロ酸

発現事象

血中濃度が増加

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : 降圧作用を有する薬剤

発現事象

相互に作用を増強し失神

理由原因

これらの薬剤により、本剤の降圧作用及び徐脈作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : 心拍数減少作用を有する薬剤

発現事象

相互に作用を増強し失神

理由原因

これらの薬剤により、本剤の降圧作用及び徐脈作用が増強

投与条件

-

指示

注意

インチュニブ錠1mgの成分一致薬品

インチュニブ錠1mg

インチュニブ錠1mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます