商品名

アイオピジンUD点眼液1% 医薬品基本情報

薬効

1319 その他の眼科用剤

一般名

アプラクロニジン塩酸塩液

英名

Iopidine UD

剤型

薬価

671.70成分一致薬品で比較

規格

1% 0.1mL 1個

メーカー

ノバルティス ファーマ

毒劇区分

(劇)

アイオピジンUD点眼液1%の効能効果

(Nd-ヤグレーザー後嚢切開術後、アルゴンレーザー線維柱帯形成術後、アルゴンレーザー虹彩切開術後) の眼圧上昇の防止

アイオピジンUD点眼液1%の使用制限等

 1.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、モノアミン酸化酵素阻害剤投与中

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.重篤な心血管系疾患、不安定な高血圧症、血管迷走神経発作の既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

アイオピジンUD点眼液1%の副作用等

 1.幻覚、錯乱

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.散瞳、眼瞼後退、眼充血、眼炎症、結膜蒼白、眼部不快感、血圧上昇、心拍数異常、鼻乾燥感

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.角膜炎、角膜糜爛、角膜障害、頭痛

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 4.心拍数減少

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 5.胎仔に影響

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

アイオピジンUD点眼液1%の相互作用

 1.薬剤名等 : モノアミン酸化酵素阻害剤

発現事象

急激な血圧上昇

理由原因

本剤は、直接的な血管収縮作用を有するため、ノルアドレナリンの代謝を抑制する薬剤との併用により、過度の血管収縮を起こす

投与条件

-

指示

禁止

アイオピジンUD点眼液1%

アイオピジンUD点眼液1%

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます