商品名

ドブタミン点滴静注100mg「AFP」 医薬品基本情報

薬効

2119 その他の強心剤

一般名

ドブタミン塩酸塩注射液

英名

Dobutamine

剤型

注射液

薬価

373.00成分一致薬品で比較

規格

100mg 1管

メーカー

共創未来ファーマ

毒劇区分

(劇)

ドブタミン点滴静注100mg「AFP」の効能効果

急性循環不全の心収縮力増強、心エコー図検査の負荷

ドブタミン点滴静注100mg「AFP」の使用制限等

 1.肥大型閉塞性心筋症、特発性肥厚性大動脈弁下狭窄、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、急性心筋梗塞後早期、不安定狭心症、左冠動脈主幹部狭窄、重症心不全、重症頻拍性不整脈、急性心膜炎、急性心筋炎、急性心内膜炎、大動脈解離、重篤な血管病変、コントロール不良の高血圧症、褐色細胞腫、高度伝導障害、収縮性心膜炎、心タンポナーデ、心室充満障害、循環血液量減少症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.重篤な冠動脈疾患、高血圧症、心房細動、重症心臓弁膜症、心筋炎、心膜炎、心内膜炎、開心術後に心拍数が多い小児

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.β遮断剤投与中、最近にβ遮断剤の投与を受けていた、過度の血圧低下を伴う急性循環不全、高度大動脈弁狭窄、重篤な血流閉塞

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

ドブタミン点滴静注100mg「AFP」の副作用等

 1.心停止、心室頻拍、心室細動、心筋梗塞

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.ストレス心筋症、心室性期外収縮、ST上昇、壁運動異常、心室基部過収縮、心尖部広範囲に及ぶ収縮低下

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.期外収縮

記載場所

その他の副作用

 4.不整脈、頻脈、期外収縮、血圧低下、過度の血圧上昇、動悸、胸部不快感、狭心痛、前胸部熱感、息切れ、悪心、腹部痛、発赤、腫脹、血清カリウム低下、頭痛、発疹、好酸球増多

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 5.心停止、心室頻拍、心室細動、心筋梗塞、重篤な胸痛、不整脈、高血圧、低血圧

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 6.心停止、心筋梗塞、ストレス心筋症、心室頻拍、心室細動、不整脈、急激な血圧変動

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 7.致死的な心破裂、過度の心拍数増加、過度の収縮期血圧上昇、耐性、過度の頻拍、食欲不振、悪心、嘔吐、動悸、息切れ、胸痛、血圧上昇、頻拍性不整脈、心筋虚血、心室細動、低血圧、重症の心室性頻拍性不整脈、発赤、腫脹、壊死

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ドブタミン点滴静注100mg「AFP」の相互作用

 1.薬剤名等 : β遮断剤

発現事象

本剤の効果の減弱、末梢血管抵抗の上昇

理由原因

本剤のβ受容体刺激作用が遮断され、α受容体刺激作用が現れる

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : 最近にβ遮断剤の投与を受けていた

発現事象

本剤の効果の減弱、末梢血管抵抗の上昇

理由原因

本剤のβ受容体刺激作用が遮断され、α受容体刺激作用が現れる

投与条件

-

指示

注意

ドブタミン点滴静注100mg「AFP」の配合変化

 1.薬剤名等 : pH8以上のアルカリ性の注射液

発現事象

本剤の分解・着色が促進、混濁、沈殿

理由原因

混合液がpH8以上になる

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : ナトリウム塩を含む注射液

発現事象

混濁、沈殿

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

ドブタミン点滴静注100mg「AFP」

ドブタミン点滴静注100mg「AFP」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます