商品名

クロフィブラートカプセル250mg「ツルハラ」 医薬品基本情報

薬効

2183 クロフィブラート系製剤

一般名

クロフィブラートカプセル

英名

Clofibrate Tsuruhara

剤型

カプセル

薬価

8.70成分一致薬品で比較

規格

250mg 1カプセル

メーカー

鶴原製薬

毒劇区分

クロフィブラートカプセル250mg「ツルハラ」の効能効果

高脂質血症

クロフィブラートカプセル250mg「ツルハラ」の使用制限等

 1.胆石又はその既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.腎機能に関する臨床検査値に異常

記載場所

使用上の注意

注意レベル

相対禁止

 3.肝障害又はその既往、腎障害又はその既往、HMG-CoA還元酵素阻害薬投与中

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 4.腎機能障害

記載場所

重大な副作用

注意レベル

注意

 5.腎機能障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

クロフィブラートカプセル250mg「ツルハラ」の副作用等

 1.筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、横紋筋融解症、急激に腎機能悪化、無顆粒球症

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.白血球数変動、好中球減少症、肝腫脹、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、LDH上昇、黄疸、胆石、筋肉痛、CK上昇、CPK上昇、頭痛、眩暈、脱力感、眠気、過敏症、発疹、そう痒、悪心、食欲不振、胃部不快感、便秘、下痢、胸やけ、胸部圧迫感、心悸亢進、不整脈、性欲減退、脱毛、インポテンス、体重増加

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.急激な腎機能悪化、横紋筋融解症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 4.肝腫瘍

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

クロフィブラートカプセル250mg「ツルハラ」の相互作用

 1.薬剤名等 : HMG-CoA還元酵素阻害薬

発現事象

急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、自覚症状<筋肉痛・脱力感>、血中及び尿中ミオグロビン上昇、血清クレアチニン上昇、CK<CPK>上昇、腎機能の悪化

理由原因

-

投与条件

腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる

指示

相対禁止

 2.薬剤名等 : HMG-CoA還元酵素阻害薬

発現事象

急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、自覚症状<筋肉痛・脱力感>、血中及び尿中ミオグロビン上昇、血清クレアチニン上昇、CK<CPK>上昇、腎機能の悪化

理由原因

-

投与条件

-

指示

慎重投与

 3.薬剤名等 : 経口抗凝血剤

発現事象

作用を増強

理由原因

-

投与条件

-

指示

慎重投与

 4.薬剤名等 : 経口糖尿病用剤

発現事象

作用を増強

理由原因

経口糖尿病用剤と血漿蛋白との結合を本剤が置換

投与条件

-

指示

慎重投与

 5.薬剤名等 : リファンピシン

発現事象

本剤の血中濃度が低下

理由原因

リファンピシンの肝代謝酵素(P-450)誘導作用により、本剤の肝代謝が促進

投与条件

-

指示

注意

クロフィブラートカプセル250mg「ツルハラ」の成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

クロフィブラートカプセル250mg「ツルハラ」

クロフィブラートカプセル250mg「ツルハラ」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます