商品名

フルティフォーム125エアゾール120吸入用 医薬品基本情報

薬効

2290 その他の呼吸器官用薬

一般名

フルチカゾンプロピオン酸エステル・ホルモテロールフマル酸塩水和物

英名

Flutiform

剤型

吸入剤

薬価

6144.60成分一致薬品で比較

規格

120吸入1瓶

メーカー

杏林製薬

毒劇区分

フルティフォーム125エアゾール120吸入用の効能効果

気管支喘息

フルティフォーム125エアゾール120吸入用の使用制限等

 1.深在性真菌症、有効な抗菌剤の存在しない感染症、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、デスモプレシン酢酸塩水和物投与中<男性における夜間多尿による夜間頻尿>

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.喘息の急激な悪化状態、喘息発作重積状態

記載場所

効能・効果

注意レベル

原則禁止

 3.キサンチン誘導体併用、ステロイド剤併用、利尿剤併用

記載場所

重大な副作用

注意レベル

注意

 4.感染を伴う喘息症状の増悪、結核性疾患、感染症<有効な抗菌剤の存在しない感染症・深在性真菌症を除く>、甲状腺機能亢進症、高血圧、心疾患、糖尿病、低カリウム血症、気管支粘液の分泌が著しい、長期又は大量の全身性ステロイド療法、低酸素血症、重度肝機能障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

フルティフォーム125エアゾール120吸入用の副作用等

 1.ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、気管支攣縮、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹、重篤な血清カリウム値低下、血清カリウム値低下増強

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.肺炎

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 3.嗄声

記載場所

その他の副作用

 4.咳嗽、味覚異常

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 5.口腔感染症、呼吸器感染症、口腔症状、口腔疼痛、口腔不快感、咽喉頭症状、咽喉頭疼痛、咽喉頭不快感、喘息、口内炎、口腔内乾燥、不整脈、動悸、心電図異常、高血圧、γ-GTP増加、ALT増加、血中ビリルビン増加、振戦、めまい、過敏症、発疹、蕁麻疹、CK増加、血中コルチゾール減少、白血球数増加、けん怠感、筋痙縮、胸部不快感

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 6.全身性作用

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 7.副腎皮質機能不全

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 8.心リズムに及ぼす作用を増強

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 9.不整脈、心停止、全身性作用、クッシング症候群、クッシング様症状、副腎皮質機能抑制、小児成長遅延、骨密度低下、白内障、緑内障、好酸球増多症、鼻炎、鼻炎増悪、湿疹、湿疹増悪、蕁麻疹、蕁麻疹増悪、めまい、めまい増悪、動悸、動悸増悪、けん怠感、けん怠感増悪、顔のほてり、顔のほてり増悪、結膜炎、結膜炎増悪、胎仔発育抑制、催奇形性、頻脈、振戦、頭痛、筋痙攣、血圧低下、代謝性アシドーシス、低カリウム血症、高血糖、心室性不整脈、死亡、生命を脅かす事象

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

フルティフォーム125エアゾール120吸入用の相互作用

 1.薬剤名等 : デスモプレシン酢酸塩水和物

発現事象

低ナトリウム血症

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : CYP3A4阻害作用を有する薬剤

発現事象

副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様の症状

理由原因

CYP3A4による代謝が阻害されることにより、フルチカゾンプロピオン酸エステルの血中濃度が上昇

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : カテコールアミン

発現事象

心停止、不整脈

理由原因

アドレナリン作動性神経刺激の増大

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : キサンチン誘導体

発現事象

低カリウム血症による不整脈

理由原因

キサンチン誘導体はアドレナリン作動性神経刺激を増大させるため、血清カリウム値の低下を増強

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : ステロイド剤

発現事象

低カリウム血症による不整脈

理由原因

ステロイド剤及び利尿剤は尿細管でのカリウム排泄促進作用があるため、血清カリウム値の低下が増強

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : 利尿剤

発現事象

低カリウム血症による不整脈

理由原因

ステロイド剤及び利尿剤は尿細管でのカリウム排泄促進作用があるため、血清カリウム値の低下が増強

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : β遮断剤

発現事象

ホルモテロールの作用を減弱

理由原因

β受容体において競合的に拮抗

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : QT間隔延長を起こすことが知られている薬剤

発現事象

QT間隔が延長され心室性不整脈等のリスクが増大

理由原因

いずれもQT間隔を延長

投与条件

-

指示

注意

フルティフォーム125エアゾール120吸入用

フルティフォーム125エアゾール120吸入用

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます