商品名

ミルマグ内用懸濁液7.2% 医薬品基本情報

薬効

2344 無機塩製剤

一般名

水酸化マグネシウム液

英名

Milmag

剤型

薬価

17.00成分一致薬品で比較

規格

7.2% 10mL

メーカー

エムジーファーマ

毒劇区分

ミルマグ内用懸濁液7.2%の効能効果

(胃潰瘍、胃下垂症、胃酸過多症、急性胃炎、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、薬剤性胃炎、胃炎、上部消化管機能異常、神経性食思不振) の (制酸作用、症状の改善) 、便秘症

ミルマグ内用懸濁液7.2%の使用制限等

 1.腎障害、心機能障害、下痢、高マグネシウム血症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

ミルマグ内用懸濁液7.2%の副作用等

 1.代謝異常、高マグネシウム血症、下痢

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 2.徐脈、胃結石、腸管内結石、腸閉塞

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ミルマグ内用懸濁液7.2%の相互作用

 1.薬剤名等 : テトラサイクリン系抗生物質

発現事象

吸収が低下し効果が減弱

理由原因

併用薬剤と錯体を形成し、併用薬剤の吸収を阻害

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : ニューキノロン系抗菌剤

発現事象

吸収が低下し効果が減弱

理由原因

併用薬剤と錯体を形成し、併用薬剤の吸収を阻害

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : ビスホスホン酸塩系骨代謝改善剤

発現事象

吸収が低下し効果が減弱

理由原因

併用薬剤と錯体を形成し、併用薬剤の吸収を阻害

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : セフジニル

発現事象

吸収が低下し効果が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : デラビルジン

発現事象

吸収が低下し効果が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : ペニシラミン

発現事象

吸収が低下し効果が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : ロスバスタチン

発現事象

血中濃度が低下し効果が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : ガバペンチン

発現事象

血中濃度が低下し効果が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 9.薬剤名等 : セレコキシブ

発現事象

血中濃度が低下し効果が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

10.薬剤名等 : ミコフェノール酸 モフェチル

発現事象

吸収が低下し効果が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

11.薬剤名等 : アジスロマイシン

発現事象

血中濃度が低下

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

12.薬剤名等 : ラベプラゾール

発現事象

血中濃度が低下

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

13.薬剤名等 : ジギタリス製剤

発現事象

吸収・排泄に影響

理由原因

消化管内で本剤と吸着することにより併用薬剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

14.薬剤名等 : フェキソフェナジン

発現事象

吸収・排泄に影響

理由原因

消化管内で本剤と吸着することにより併用薬剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

15.薬剤名等 : 鉄剤

発現事象

吸収・排泄に影響

理由原因

本剤による胃内pHの上昇及び難溶性塩形成により、併用薬剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

16.薬剤名等 : ポリカルボフィル カルシウム

発現事象

効果が減弱

理由原因

併用薬剤は酸性条件下でカルシウムが脱離して薬効を発揮するが、本剤の胃内pH上昇作用によりカルシウムの脱離が抑制

投与条件

-

指示

注意

17.薬剤名等 : 高カリウム血症改善イオン交換樹脂製剤

発現事象

効果が減弱、全身性アルカローシス

理由原因

マグネシウムが併用薬剤と結合

投与条件

-

指示

注意

18.薬剤名等 : 活性型ビタミンD3製剤

発現事象

高マグネシウム血症

理由原因

併用薬剤によるマグネシウムの腸管吸収促進

投与条件

-

指示

注意

19.薬剤名等 : 大量の牛乳

発現事象

アルカローシス、高カルシウム血症、高窒素血症、milk-alkali syndrome

理由原因

本剤による血中pHの上昇(代謝性アルカローシス)が血清カルシウムの上昇に関与

投与条件

-

指示

注意

20.薬剤名等 : カルシウム製剤

発現事象

アルカローシス、高カルシウム血症、高窒素血症、milk-alkali syndrome

理由原因

本剤による血中pHの上昇(代謝性アルカローシス)が血清カルシウムの上昇に関与

投与条件

-

指示

注意

21.薬剤名等 : ミソプロストール

発現事象

下痢

理由原因

併用薬剤は小腸の蠕動運動を亢進させ、小腸からの水、Naの吸収を阻害し下痢を引き起こすが、本剤には緩下作用があるので、両者の併用により下痢が発現しやすくなる

投与条件

-

指示

注意

ミルマグ内用懸濁液7.2%の成分一致薬品

ミルマグ内用懸濁液7.2%

ミルマグ内用懸濁液7.2%

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます