商品名

チラーヂンS静注液200μg 医薬品基本情報

薬効

2431 甲状腺ホルモン製剤

一般名

レボチロキシンナトリウム水和物注射液

英名

Thyradin-S

剤型

注射液

薬価

20211.00成分一致薬品で比較

規格

200μg 1mL 1管

メーカー

あすか製薬

毒劇区分

(劇)

チラーヂンS静注液200μgの効能効果

粘液水腫性昏睡、甲状腺機能低下症

チラーヂンS静注液200μgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、新鮮な心筋梗塞

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.狭心症、高血圧症、陳旧性心筋梗塞、動脈硬化症、重篤な心・血管系障害、脳下垂体機能不全、副腎皮質機能不全、糖尿病

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

チラーヂンS静注液200μgの副作用等

 1.狭心症、心疾患

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.狭心症、著しいAST上昇、著しいALT上昇、著しいγ-GTP上昇、発熱、倦怠感、肝機能障害、黄疸、副腎クリーゼ、全身倦怠感、血圧低下、尿量低下、呼吸困難、晩期循環不全、血清ナトリウム低下、ショック、うっ血性心不全

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.過敏症状、肝機能検査値異常、AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇、心悸亢進、脈拍増加、不整脈、頭痛、眩暈、不眠、振戦、神経過敏、興奮、不安感、躁うつ、精神症状、嘔吐、下痢、食欲不振、筋肉痛、月経障害、体重減少、脱力感、皮膚潮紅、発汗、発熱、倦怠感

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.血中濃度が急速に上昇

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 5.副腎クリーゼ、ショック、狭心症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 6.晩期循環不全

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

チラーヂンS静注液200μgの相互作用

 1.薬剤名等 : クマリン系抗凝血剤

発現事象

作用を増強

理由原因

甲状腺ホルモンがビタミンK依存性凝血因子の異化を促進

投与条件

-

指示

慎重投与

 2.薬剤名等 : 交感神経刺激剤

発現事象

作用を増強、冠動脈疾患のある患者に併用すると冠不全のリスクが増大

理由原因

甲状腺ホルモンがカテコールアミン類のレセプターの感受性を増大

投与条件

-

指示

慎重投与

 3.薬剤名等 : 強心配糖体製剤

発現事象

甲状腺機能亢進状態では血清ジゴキシン濃度が低下、甲状腺機能低下状態では血清ジゴキシン濃度が上昇

理由原因

強心配糖体製剤の吸収率、分布容積、肝代謝、腎排泄速度等の増減

投与条件

-

指示

慎重投与

 4.薬剤名等 : 血糖降下剤

発現事象

血糖コントロールの条件が変わる

理由原因

糖代謝全般に作用し血糖値を変動

投与条件

-

指示

慎重投与

 5.薬剤名等 : コレスチラミン

発現事象

本剤の吸収が遅延又は減少

理由原因

消化管内で本剤と結合し吸収を抑制

投与条件

同時

指示

慎重投与

 6.薬剤名等 : コレスチミド

発現事象

本剤の吸収が遅延又は減少

理由原因

消化管内で本剤と結合し吸収を抑制

投与条件

同時

指示

慎重投与

 7.薬剤名等 : 鉄剤

発現事象

本剤の吸収が遅延又は減少

理由原因

消化管内で本剤と結合し吸収を抑制

投与条件

同時

指示

慎重投与

 8.薬剤名等 : アルミニウム含有制酸剤

発現事象

本剤の吸収が遅延又は減少

理由原因

消化管内で本剤と結合し吸収を抑制

投与条件

同時

指示

慎重投与

 9.薬剤名等 : 炭酸カルシウム

発現事象

本剤の吸収が遅延又は減少

理由原因

消化管内で本剤と結合し吸収を抑制

投与条件

同時

指示

慎重投与

10.薬剤名等 : 炭酸ランタン水和物

発現事象

本剤の吸収が遅延又は減少

理由原因

消化管内で本剤と結合し吸収を抑制

投与条件

同時

指示

慎重投与

11.薬剤名等 : セベラマー塩酸塩

発現事象

本剤の吸収が遅延又は減少

理由原因

消化管内で本剤と結合し吸収を抑制

投与条件

同時

指示

慎重投与

12.薬剤名等 : ポリスチレンスルホン酸カルシウム

発現事象

本剤の吸収が遅延又は減少

理由原因

消化管内で本剤と結合し吸収を抑制

投与条件

同時

指示

慎重投与

13.薬剤名等 : ポリスチレンスルホン酸ナトリウム

発現事象

本剤の吸収が遅延又は減少

理由原因

消化管内で本剤と結合し吸収を抑制

投与条件

同時

指示

慎重投与

14.薬剤名等 : フェニトイン製剤

発現事象

本剤の血中濃度を低下

理由原因

これらの薬剤は甲状腺ホルモンの異化を促進

投与条件

-

指示

慎重投与

15.薬剤名等 : カルバマゼピン

発現事象

本剤の血中濃度を低下

理由原因

これらの薬剤は甲状腺ホルモンの異化を促進

投与条件

-

指示

慎重投与

16.薬剤名等 : フェノバルビタール

発現事象

本剤の血中濃度を低下

理由原因

これらの薬剤は甲状腺ホルモンの異化を促進

投与条件

-

指示

慎重投与

17.薬剤名等 : アミオダロン

発現事象

甲状腺ホルモン値を上昇又は低下

理由原因

アミオダロンが甲状腺ホルモンの脱ヨード化を阻害

投与条件

-

指示

慎重投与

18.薬剤名等 : 経口エストロゲン製剤

発現事象

甲状腺ホルモン値を低下

理由原因

経口エストロゲン製剤がサイロキシン結合グロブリンを増加

投与条件

-

指示

慎重投与

チラーヂンS静注液200μgの配合変化

 1.薬剤名等 : 日局生理食塩液以外の溶解液・輸液・補液及び他剤

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

チラーヂンS静注液200μg

チラーヂンS静注液200μg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます