商品名

ダイホルモン・デポー注 医薬品基本情報

ダイホルモン・デポー注の効能効果

更年期障害、骨粗鬆症、卵巣欠落症状

ダイホルモン・デポー注の使用制限等

 1.前立腺癌又はその恐れ・疑い、アンドロゲン依存性悪性腫瘍又はその恐れ・疑い、子宮内膜癌又はその恐れ・疑い、乳癌又はその恐れ・疑い、エストロゲン依存性悪性腫瘍又はその恐れ・疑い、乳癌の既往、未治療の子宮内膜増殖症、血栓性静脈炎又はその既往、肺塞栓症又はその既往、脳卒中又はその既往、冠動脈性心疾患又はその既往、動脈性血栓塞栓疾患又はその既往、重篤な肝障害、診断の確定していない異常性器出血、脂質代謝障害、妊娠中に悪化した耳硬化症の既往、骨成長が終了していない可能性がある小児等

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.乳房レントゲン像に異常、乳房結節、乳腺症、乳癌家族素因が強い、術前、長期臥床、子宮筋腫、子宮内膜症、前立腺肥大、心疾患又はその既往、癌の骨転移、てんかん、糖尿病、全身性エリテマトーデス、耳硬化症、多発性硬化症、ポルフィリン症、テタニー、高血圧症、腎疾患又はその既往、肝障害<重篤な肝障害を除く>、子宮摘出の既往、再生不良性貧血

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

ダイホルモン・デポー注の副作用等

 1.血栓症

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.過敏症、発疹、AST上昇、ALT上昇、高カルシウム血症、ナトリウム貯留、体液貯留、回復しがたい嗄声、回復しがたい多毛、陰核肥大、性欲亢進、月経異常、消退出血、不正出血、経血量変化、乳房痛、乳房緊満感、体重増加、陰茎肥大、持続性勃起、睾丸機能抑制、睾丸萎縮、精子減少、精液減少、多幸感、ざ瘡、皮膚色素沈着、脱毛、紅斑、疼痛、発赤、硬結、頭痛

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.月経異常、乳癌、血液凝固能が亢進、ナトリウム貯留、体液貯留、高カルシウム血症、男性化、仔の成長後腟上皮の癌性変性、仔の成長後子宮内膜の癌性変性、骨端早期閉鎖、性的早熟、子宮内膜癌、冠動脈性心疾患、脳卒中、脳梗塞、アルツハイマー、認知症、卵巣癌、胆嚢疾患、肝腫瘍

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ダイホルモン・デポー注の相互作用

 1.薬剤名等 : 抗凝固剤

発現事象

抗凝固作用が増強

理由原因

テストステロンが凝固因子の合成を抑制あるいは分解を促進

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : 血糖降下剤

発現事象

血糖降下作用が減弱

理由原因

卵胞ホルモン(主に結合型エストロゲン、合成エストロゲン)は耐糖能を変化させ血糖を上昇

投与条件

-

指示

注意

ダイホルモン・デポー注の成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

ダイホルモン・デポー注

ダイホルモン・デポー注

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます