商品名

タルグレチンカプセル75mg 医薬品基本情報

薬効

4291 その他の抗悪性腫瘍用剤

一般名

ベキサロテンカプセル

英名

Targretin

剤型

カプセル

薬価

2846.70成分一致薬品で比較

規格

75mg 1カプセル

メーカー

ミノファーゲン製薬

毒劇区分

(劇)

タルグレチンカプセル75mgの効能効果

皮膚T細胞性リンパ腫

タルグレチンカプセル75mgの使用制限等

 1.重度肝障害、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、ビタミンA製剤投与中、ビタミンA過剰症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.膵炎の既往、膵炎の危険因子を有する、軽度肝障害、中等度肝障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.未治療の皮膚T細胞性リンパ腫、皮膚以外の病変<内臓等>

記載場所

効能・効果

注意レベル

注意

タルグレチンカプセル75mgの副作用等

 1.下垂体性甲状腺機能低下症、遊離サイロキシンが基準値から25%以上低下

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.Grade3以上の副作用、高トリグリセリド血症、血清トリグリセリド値が200mg/dLを超えた、血清トリグリセリド値が400mg/dLを超えている、血清トリグリセリド値が500mg/dLを超えている、血清トリグリセリド値が1000mg/dLを超えた

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 3.高トリグリセリド血症、高コレステロール血症、下垂体性甲状腺機能低下症、白血球減少症、好中球減少症、貧血、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、総ビリルビン上昇、肝機能障害

記載場所

重大な副作用

 4.高トリグリセリド血症、急性膵炎、腹痛、膵炎

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 5.低血糖、内分泌障害、肝不全、肺炎、敗血症、重篤な感染症、間質性肺疾患、肺塞栓症、心筋梗塞、脳血管発作、血栓塞栓症、横紋筋融解症、筋力低下、筋肉痛、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 6.高尿酸血症、食欲減退、血小板数増加、血小板増加症、活性化部分トロンボプラスチン時間延長、血中甲状腺刺激ホルモン減少、サイロキシン減少、遊離サイロキシン減少、洞性不整脈、心電図QT延長、悪心、嘔吐、脱毛症、皮膚炎、光線過敏症、腎機能障害、血中クレアチニン増加、頭痛、倦怠感、無感情、耳管開放、片耳難聴、発声障害、浮腫

記載場所

その他の副作用

 7.食欲不振、低蛋白血症、末梢性浮腫、骨髄機能不全、リンパ節症、白血球増加症、好酸球増加症、甲状腺機能低下症、下痢、皮膚そう痒症、発疹、皮膚障害、剥脱性皮膚炎、皮膚剥脱、血中尿素窒素増加、無力症、ホルモン値変動、ホルモン値異常、疼痛、発熱、感染、細菌感染、悪寒、背部痛、白内障

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 8.脂質異常症、高トリグリセリド血症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 9.低血糖

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

10.白血球減少症、好中球減少症、貧血

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

11.肝機能障害

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

12.催奇形性、高トリグリセリド血症、急性膵炎、精子形成能に異常、内分泌障害、光線過敏症、催奇形作用、外表異常、口蓋裂、眼球膨隆部陥凹、小耳、耳介低位、舌突出、内臓異常、小眼球、骨格異常、骨格変異、頭蓋骨異常、頭蓋骨変異、椎骨異常、椎骨変異、胸骨異常、胸骨変異、骨化遅延、ビタミンA過剰誘発催奇形性、高コレステロール血症、白血球減少症、下痢、有棘細胞癌、基底細胞癌、光毒性、不可逆性の白内障

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

タルグレチンカプセル75mgの相互作用

 1.薬剤名等 : ビタミンA製剤

発現事象

ビタミンA過剰症と類似した副作用症状

理由原因

本剤はビタミンAと同じレチノイド

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : 抗悪性腫瘍剤

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : 経口避妊薬

発現事象

血漿中濃度を低下

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : CYP2C8阻害剤

発現事象

本剤の血中トラフ濃度が約4倍上昇し本剤の作用が増強

理由原因

CYP2C8の阻害により本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : CYP3Aの基質

発現事象

AUCが約50%低下

理由原因

本剤のCYP3A誘導作用により、併用薬剤の代謝が促進

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : 糖尿病用薬

発現事象

低血糖

理由原因

本剤が血糖降下作用を増強

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : 紫外線療法

発現事象

光線過敏症

理由原因

本剤はin vitro試験(光溶血性試験及びヒスチジン光酸化反応)において光毒性

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : PUVA療法

発現事象

光線過敏症

理由原因

本剤はin vitro試験(光溶血性試験及びヒスチジン光酸化反応)において光毒性

投与条件

-

指示

注意

 9.薬剤名等 : UVB療法等

発現事象

光線過敏症

理由原因

本剤はin vitro試験(光溶血性試験及びヒスチジン光酸化反応)において光毒性

投与条件

-

指示

注意

10.薬剤名等 : NB-UVB療法

発現事象

光線過敏症

理由原因

本剤はin vitro試験(光溶血性試験及びヒスチジン光酸化反応)において光毒性

投与条件

-

指示

注意

タルグレチンカプセル75mg

タルグレチンカプセル75mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます