商品名

エピビル錠300 医薬品基本情報

薬効

6250 抗ウイルス剤

一般名

ラミブジン錠

英名

Epivir

剤型

薬価

1314.20成分一致薬品で比較

規格

300mg 1錠

メーカー

ヴィーブヘルスケア

毒劇区分

(劇)

エピビル錠300の効能効果

HIV感染症

エピビル錠300の使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.膵炎の既往歴のある小児、膵炎を発症する可能性のある小児

記載場所

使用上の注意

注意レベル

相対禁止

 3.腎機能低下、Ccr≧50mL/分、Ccr30~49mL/分、Ccr15~29mL/分、Ccr5~14mL/分、Ccr<5mL/分、透析

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 4.肝疾患の危険因子を有する

記載場所

重大な副作用

注意レベル

注意

 5.B型慢性肝炎、非代償性B型慢性肝炎、B型肝炎ウイルス感染、腎機能障害、Ccrが50mL/min未満

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

エピビル錠300の副作用等

 1.重篤な副作用、AUC増加、最高血中濃度増加、半減期延長

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.重篤な血液障害、貧血

記載場所

重大な副作用

 3.重度腹痛、悪心、嘔吐

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 4.肝毒性が疑われる臨床症状、肝毒性が疑われる検査値異常、重篤な乳酸アシドーシス、全身倦怠、食欲不振、急な体重減少、胃腸障害、呼吸困難、頻呼吸、肝毒性、脂肪沈着による重度肝腫大、脂肪肝、錯乱

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 5.汎血球減少、白血球減少、好中球減少、血小板減少、膵炎、血清アミラーゼ上昇、血清リパーゼ上昇、トリグリセリド上昇、脂肪沈着による重度肝腫大、脂肪肝、乳酸アシドーシス、横紋筋融解症、ニューロパシー、痙攣、心不全

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 6.赤芽球癆

記載場所

重大な副作用

頻度

0.1%未満

 7.下痢、嘔気、腹痛、体脂肪再分布、体脂肪蓄積、胸部脂肪増加、体幹部脂肪増加、末梢部脂肪減少、顔面脂肪減少、野牛肩、血清脂質増加、血糖増加、肝機能検査値異常、AST上昇、ALT上昇、末梢神経障害、血中尿酸上昇、高乳酸塩血症、発疹、皮膚炎、湿疹、皮疹、トリグリセリド上昇、血清コレステロール上昇

記載場所

その他の副作用

 8.痔核、腹部痙直、体温調節障害、骨痛、感情障害、錯感覚、脱水、脱水症、心筋症、鼻炎、副鼻腔炎、耳管炎、呼吸障害、上気道炎、過敏症、アレルギー反応、重炭酸塩上昇、重炭酸塩低下、血糖値低下、総蛋白上昇、総蛋白低下

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 9.リンパ節症、平均赤血球容積増加、MCV増加、リンパ球減少、胃炎、消化不良、鼓腸放屁、嘔吐、食欲不振、倦怠感、発熱、頭痛、疼痛、体重減少、疲労、無力症、血清クレアチニン上昇、関節痛、筋肉痛、筋痙直、めまい、睡眠障害、うつ病、不安感、アミラーゼ上昇、咳、肺炎、呼吸困難、咽頭痛、気管支炎、脱毛、皮膚そう痒、発汗、ざ瘡、毛嚢炎、CK上昇、敗血症、血糖値上昇

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

10.重篤な血液障害、乳酸アシドーシス、脂肪沈着による重度肝腫大、脂肪肝、横紋筋融解症、ニューロパシー、錯乱、痙攣、心不全

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

11.膵炎

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

12.膵炎、重度腹痛、悪心、嘔吐、血清アミラーゼ上昇、血清リパーゼ上昇、トリグリセリド上昇、免疫再構築症候群、日和見感染に対する炎症反応、自己免疫疾患、甲状腺機能亢進症、多発性筋炎、ギラン・バレー症候群、ブドウ膜炎、胎仔毒性、早期胚死亡数増加、一過性血清乳酸値上昇、発育遅延、てんかん様発作、神経疾患、染色体異常、染色体異常試験陽性、遺伝子突然変異試験陽性

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

エピビル錠300の相互作用

 1.薬剤名等 : エムトリシタビンを含む製剤

発現事象

-

理由原因

本剤の薬剤耐性プロファイル等のウイルス学的特性はエムトリシタビンと類似

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : 膵炎を発症させることが知られている薬剤との併用療法中の小児

発現事象

悪心、嘔吐、膵炎、トリグリセリド上昇、血清アミラーゼ上昇、血清リパーゼ上昇、重度腹痛

理由原因

-

投与条件

-

指示

相対禁止

 3.薬剤名等 : 膵炎を発症させることが知られている薬剤との併用療法中の小児

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

相対禁止

 4.薬剤名等 : スルファメトキサゾール・トリメトプリム

発現事象

本剤のAUCが43%増加、本剤の全身クリアランスが30%・腎クリアランスが35%減少

理由原因

腎臓における排泄がトリメトプリムと競合

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : ソルビトール

発現事象

ラミブジンのAUCが減少<それぞれ18%・36%・42%減少>

理由原因

ソルビトールによりラミブジンの吸収が抑制

投与条件

経口ソルビトール溶液(ソルビトールとして3.2g、10.2g、13.4g)とラミブジンの併用

指示

注意

エピビル錠300

エピビル錠300

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます