商品名

アルチバ静注用5mg 医薬品基本情報

薬効

8219 その他の合成麻薬

一般名

レミフェンタニル塩酸塩注射用

英名

Ultiva

剤型

注射用

薬価

6183.00

規格

5mg 1瓶

メーカー

ヤンセンファーマ

毒劇区分

(劇)(麻)

アルチバ静注用5mgの効能効果

(全身麻酔の導入、全身麻酔の維持)の鎮痛、全身麻酔の維持の鎮痛

アルチバ静注用5mgの使用制限等

 1.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.ASA3、ASA4、循環血液量減少、重症高血圧症、心血管系に著しい障害、心弁膜症、不整脈、呼吸機能障害、慢性肺疾患、薬物依存の既往、痙攣発作の既往、気管支喘息

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.肥満患者:BMI25以上

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

アルチバ静注用5mgの副作用等

 1.低血圧、血圧低下、徐脈

記載場所

重大な副作用

 2.過剰な筋硬直、筋硬直、喉頭痙攣、換気困難、呼吸停止、徐脈、不全収縮、心停止、重篤な徐脈、アレルギー、アナフィラキシー、全身痙攣

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.筋硬直、呼吸抑制

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 4.悪心、嘔吐、悪寒

記載場所

その他の副作用

 5.鎮静、心室無収縮、房室ブロック、高血圧、術後血圧上昇、創合併症

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 6.幻視、激越、振戦、結節性調律、期外収縮、房室解離、洞房ブロック、潮紅、腹痛、腹部膨満、肝機能異常、紅斑、発疹、皮膚炎、乏尿、冷感、ビリルビン増加、AST増加、GOT増加、LDH増加、ALT増加、GPT増加、血圧上昇、体温低下

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 7.血液循環抑制、血圧低下、ショック、中毒症状、呼吸抑制、筋硬直、徐脈

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

アルチバ静注用5mgの相互作用

 1.薬剤名等 : 中枢神経抑制作用を有する薬剤

発現事象

麻酔・鎮静等の作用が増強

理由原因

相互に作用を増強させ過度な麻酔深度となる

投与条件

-

指示

慎重投与

 2.薬剤名等 : アルコール

発現事象

麻酔・鎮静等の作用が増強

理由原因

相互に作用を増強させ過度な麻酔深度となる

投与条件

-

指示

慎重投与

 3.薬剤名等 : オピオイド剤

発現事象

麻酔・鎮静等の作用が増強

理由原因

相互に作用を増強させ過度な麻酔深度となる

投与条件

-

指示

慎重投与

 4.薬剤名等 : 心抑制作用を有する薬剤

発現事象

徐脈・血圧低下等の作用が増強

理由原因

β遮断剤、カルシウム拮抗剤は共に徐脈、血圧低下作用を有する

投与条件

-

指示

慎重投与

アルチバ静注用5mgの配合変化

 1.薬剤名等 : チオペンタール

発現事象

沈殿

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : 他の薬剤

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 3.薬剤名等 : 血液

発現事象

加水分解

理由原因

血液由来の非特異的エステラーゼ

投与条件

-

指示

禁止

 4.薬剤名等 : 血清

発現事象

加水分解

理由原因

血液由来の非特異的エステラーゼ

投与条件

-

指示

禁止

 5.薬剤名等 : 血漿

発現事象

加水分解

理由原因

血液由来の非特異的エステラーゼ

投与条件

-

指示

禁止

アルチバ静注用5mg

アルチバ静注用5mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます