商品名

大塚糖液5%2ポート50mL 添付文書情報

大塚糖液5%2ポート50mLの用法用量

注射剤の溶解希釈に用いる。

大塚糖液5%2ポート50mLの効能効果

注射剤の溶解希釈剤。

大塚糖液5%2ポート50mLの副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。

大量・急速投与:大量を急速投与すると、電解質喪失を起こすことがあるので、慎重に投与する(第一次再評価結果その13、1977年)。

大塚糖液5%2ポート50mLの使用上の注意

【禁忌】

低張性脱水症の患者[本症はナトリウムの欠乏により血清の浸透圧が低張になることによって起こるので、このような患者に本剤を投与すると、水分量を増加させることになり、症状が悪化する恐れがある]。

【慎重投与】

  • 1.カリウム欠乏傾向のある患者[ブドウ糖の投与によりカリウムが細胞内に移行し、一時的に血清カリウム値が低下し、症状が悪化する恐れがある]。
  • 2.糖尿病の患者[高血糖を生じ、症状が悪化する恐れがある]。
  • 3.尿崩症の患者[本症には適切な水分、電解質管理が必要であり、本剤の投与により電解質等に影響を与え、症状が悪化する恐れがある]。
  • 4.腎不全のある患者[水分の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。

【高齢者への投与】

一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。

【適用上の注意】

  • 1.投与経路:静脈内に投与する。
  • 2.調製時:本品を用いて溶解・希釈する注射剤(静脈内投与用)は、次の条件に適合するものであること:1)溶解液として5%ブドウ糖注射液が適切であること、2)容量として50mLが適切であること。
  • 3.投与前:
    • 1)投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    • 2)寒冷期には体温程度に温めて使用する。
    • 3)開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
  • 4.投与時:溶解・希釈した注射剤の用法・用量及び使用上の注意に留意して投与する。

【取扱い上の注意】

  • 1.安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。
  • 2.プラボトルを正立にして薬剤瓶と接続すると、薬剤が注入針の針穴を通じてプラボトルのゴム栓面にこぼれることがあるので、プラボトルの首部を持って傾け、注入針が薬剤に触れにくいようにして接続する。
  • 3.注入針は薬剤瓶のゴム栓中央部に刺す(周辺部に刺すと薬剤瓶のゴム栓が瓶内に落ち込むことがある)。
  • 4.包装内に水滴が認められるものや内容液が着色又は混濁しているものは使用しない。
  • 5.ラベルに表示の液目盛りはおよその目安として使用する。

【溶解操作方法】

  • 1.アダプターを持ち、キャップを開封の→方向に回してシールを切り、キャップを外す。
  • 2.プラボトルの首部を持って傾け*、注入針の先端に薬剤瓶のゴム栓中央部をあて、薬剤瓶をまっすぐ最後まで押し込む。注入針が完全に刺し込まれていることを確認する。
    • *:プラボトルを正立にして接続すると、薬剤がプラボトルのゴム栓面にこぼれることがある。
  • 3.逆立にして本液の適量を注入する。
  • 4.プラボトルを下にし、薬剤瓶とプラボトルを手で固定して振り混ぜ薬剤を溶解した後、静置すれば溶解液はプラボトル内に戻る。なお、通液しない場合はポンピング又は薬剤瓶を軽くたたいて通液させる。
  • 5.プラボトル下部の栓体部を保持して、ポートキャップを外し、ゴム栓の○印に輸液セットの針を真っすぐに刺し込む。薬剤瓶を外すことなく、吊り具を輸液スタンドにかける。

【廃棄方法】

アダプターから薬剤瓶を引き抜き、分別する。

  • 1.プラボトルの首部とアダプターを保持して、薬剤瓶を抜く。
  • 2.廃棄時にゴミ袋を破ることがないようキャップを装着することが望ましい。
大塚糖液5%2ポート50mL

大塚糖液5%2ポート50mL

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます