商品名

ノルレボ錠1.5mg 医薬品基本情報

薬効

2549 その他の避妊剤

一般名

レボノルゲストレル錠

英名

Norlevo

剤型

薬価

0.00成分一致薬品で比較

規格

1.5mg 1錠

メーカー

あすか製薬

毒劇区分

ノルレボ錠1.5mgの効能効果

緊急避妊

ノルレボ錠1.5mgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、重篤な肝障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.心疾患又はその既往、重度消化管障害、消化管吸収不良症候群、腎疾患又はその既往、肝障害<重篤な肝障害を除く>

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

ノルレボ錠1.5mgの副作用等

 1.頭痛、傾眠、消退出血、不正子宮出血、悪心、倦怠感

記載場所

その他の副作用

 2.月経遅延、嘔吐、乳房圧痛

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.浮動性めまい、体位性めまい、不安、月経過多、下腹部痛、下痢、腹痛、貧血、異常感、口渇、熱感、疲労、末梢性浮腫

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 4.ナトリウム貯留、体液貯留、外性器男性化、女性化

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ノルレボ錠1.5mgの相互作用

 1.薬剤名等 : セイヨウオトギリソウ含有食品

発現事象

本剤の効果が減弱

理由原因

この食品は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : 抗けいれん薬

発現事象

本剤の効果が減弱

理由原因

これらの薬剤は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : HIVプロテアーゼ阻害剤

発現事象

本剤の効果が減弱

理由原因

これらの薬剤は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤

発現事象

本剤の効果が減弱

理由原因

これらの薬剤は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : リファブチン

発現事象

本剤の効果が減弱

理由原因

これらの薬剤は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : リファンピシン

発現事象

本剤の効果が減弱

理由原因

これらの薬剤は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進

投与条件

-

指示

注意

ノルレボ錠1.5mg

ノルレボ錠1.5mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます