商品名

イエスカルタ点滴静注 医薬品基本情報

薬効

4900 その他の組織細胞機能用医薬品

一般名

アキシカブタゲン シロルユーセル

英名

?

剤型

その他

薬価

32647761.00成分一致薬品で比較

規格

1患者当たり

メーカー

第一三共

毒劇区分

イエスカルタ点滴静注の効能効果

再発又は難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫、再発又は難治性の形質転換濾胞性リンパ腫、再発又は難治性の原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫、再発又は難治性の高悪性度B細胞リンパ腫

イエスカルタ点滴静注の使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.B型肝炎の既往、C型肝炎の既往、HIV感染、B型肝炎ウイルスキャリア、C型肝炎ウイルスキャリア、感染症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.前処置の化学療法による重篤な心障害が認められ回復していない、前処置の化学療法による重篤な低血圧が認められ回復していない、前処置の化学療法による重篤な肺障害が認められ回復していない、前処置の化学療法による重篤な副作用が認められ回復していない、活動性感染症

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 4.B型肝炎の既往、C型肝炎の既往、HIV感染、B型肝炎ウイルスキャリア、C型肝炎ウイルスキャリア

記載場所

重大な副作用

注意レベル

注意

 5.B型肝炎の既往、C型肝炎の既往、B型肝炎ウイルスキャリア、C型肝炎ウイルスキャリア、HIV感染、肝炎の既往、肝炎ウイルスキャリア

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

イエスカルタ点滴静注の副作用等

 1.infusion reaction、発熱、悪寒、悪心

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.サイトカイン放出症候群、発熱、低血圧、頻脈、低酸素症、悪寒、脳症、神経系事象、重度感染症、敗血症、肺炎、発熱性好中球減少症、低ガンマグロブリン血症、血球減少、白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血、投与30日目までに回復しない重度好中球減少、投与30日目までに回復しない重度血小板減少、投与30日目までに回復しない重度貧血、臨床検査値異常

記載場所

重大な副作用

 3.ヘルペス脳炎、HHV-6脳炎、進行性多巣性白質脳症、PML、神経症状

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 4.不整脈、心停止、心不全、腎不全、毛細血管漏出症候群、血球貪食性リンパ組織球症、死亡、振戦、錯乱状態、失語症、傾眠、激越、記憶障害、構語障害、幻覚、精神状態変化、ウイルス再活性化、ウイルス増加、播種性感染症、ヒトヘルペスウイルス再活性化、HHV再活性化、日和見感染、腫瘍崩壊症候群

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 5.ショック、アナフィラキシー、infusion reaction

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 6.凝血異常、頻脈、悪心、下痢、嘔吐、腹痛、口内乾燥、便秘、疲労、発熱、悪寒、浮腫、食欲減退、低ナトリウム血症、低リン酸血症、低カルシウム血症、低アルブミン血症、体重減少、脱水、運動機能障害、筋肉痛、四肢痛、背部痛、関節痛、振戦、頭痛、失語症、浮動性眩暈、運動失調、痙攣発作、神経障害、計算力障害、ミオクローヌス、譫妄、不安、不眠症、低酸素症、胸水、呼吸困難、咳嗽、肺水腫、発疹、低血圧、高血圧、血栓症、ALT増加、AST増加、血中ビリルビン増加

記載場所

その他の副作用

 7.サイトカイン放出症候群、発熱、低血圧、頻脈、低酸素症、悪寒、不整脈、心不全、腎不全、毛細血管漏出症候群、血球貪食性リンパ組織球症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 8.白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血、血球減少

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 9.肝炎ウイルス再活性化、肝炎ウイルス増加、肝炎悪化

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

10.腫瘍崩壊症候群

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

11.重度サイトカイン放出症候群、死亡、脳症、神経系事象、ウイルス再活性化、ウイルス増加、振戦、錯乱状態、失語症、傾眠、激越、記憶障害、構語障害、幻覚、精神状態変化、感染症、肝炎ウイルス再活性化、悪性腫瘍

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

イエスカルタ点滴静注の相互作用

 1.薬剤名等 : 生ワクチン

発現事象

原病に基づく症状

理由原因

免疫抑制下で生ワクチンを接種すると病原性を現す

投与条件

-

指示

注意

イエスカルタ点滴静注の成分一致薬品

イエスカルタ点滴静注

イエスカルタ点滴静注

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます