商品名

オルプロリクス静注用3000 医薬品基本情報

薬効

6343 血漿分画製剤

一般名

エフトレノナコグ アルファ(遺伝子組換え)注射用

英名

Alprolix

剤型

注射用

薬価

627508.00成分一致薬品で比較

規格

3,000国際単位1瓶(溶解液付)

メーカー

サノフィ

毒劇区分

オルプロリクス静注用3000の効能効果

血液凝固第9因子欠乏の出血傾向の抑制

オルプロリクス静注用3000の使用制限等

 1.DIC、肝疾患、播種性血管内凝固症候群、術後、血栓塞栓性事象のリスク、線維素溶解の徴候

記載場所

使用上の注意

注意レベル

相対禁止

 2.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.血液凝固第9因子に対するインヒビターが発生、血液凝固第9因子に対するインヒビターを有しかつ血液凝固第9因子に過敏症の既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

オルプロリクス静注用3000の副作用等

 1.ショック、アナフィラキシー、血栓塞栓症、血栓関連事象

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.頭痛、浮動性眩暈、味覚異常、口の錯感覚、呼気臭、疲労、注入部位疼痛、動悸、閉塞性尿路疾患、血尿、腎仙痛、低血圧、食欲減退

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 3.インヒビター発生

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 4.血栓塞栓性合併症、アナフィラキシー、アレルギー反応、インヒビター発生、急性過敏症反応、ネフローゼ症候群、血栓症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

オルプロリクス静注用3000の配合変化

 1.薬剤名等 : 他の製剤

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : 他剤

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

オルプロリクス静注用3000

オルプロリクス静注用3000

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます