商品名

リツキサン点滴静注100mg 医薬品基本情報

薬効

4291 その他の抗悪性腫瘍用剤

一般名

リツキシマブ(遺伝子組換え)注射液

英名

Rituxan

剤型

注射液

薬価

31107.00成分一致薬品で比較

規格

100mg 10mL 1瓶

メーカー

全薬

毒劇区分

リツキサン点滴静注100mgの効能効果

CD20陽性B細胞性非ホジキンリンパ腫、CD20陽性慢性リンパ性白血病、免疫抑制状態下のCD20陽性B細胞性リンパ増殖性疾患、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、難治性ネフローゼ症候群<ステロイド依存性を示す場合>、難治性ネフローゼ症候群<頻回再発型>、慢性特発性血小板減少性紫斑病、 (腎移植、肝移植) のABO血液型不適合移植における抗体関連型拒絶反応の抑制、 (イットリウム<90Y>イブリツモマブ チウキセタン<遺伝子組換え>注射、インジウム<111In>イブリツモマブ チウキセタン<遺伝子組換え>注射) の前投与

リツキサン点滴静注100mgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分でアナフィラキシー反応の既往歴、本剤成分又は含有成分で重篤な過敏症の既往歴、マウス蛋白質由来製品に対するアナフィラキシー反応の既往、マウス蛋白質由来製品に対する重篤な過敏症の既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.感染症、肺炎、敗血症、ウイルス感染、心機能障害又はその既往、肺機能障害又はその既往、肺浸潤又はその既往、腫瘍細胞の骨髄浸潤、重篤な骨髄機能低下、降圧剤による治療中、薬物過敏症の既往、アレルギーを起こし易い体質

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.高悪性度リンパ腫、中悪性度リンパ腫

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 4.成人期に発症したネフローゼ症候群

記載場所

効能・効果

注意レベル

注意

 5.心機能障害、肺機能障害、脾腫、血液中に大量の腫瘍細胞<25000/μL以上>、腫瘍量の多い、B型肝炎ウイルスキャリア、狭心症又はその既往、心機能障害又はその既往、不整脈又はその既往、B型肝炎の既往、HBs抗原陰性かつHBc抗体陽性、HBs抗原陰性かつHBs抗体陽性、咽頭扁桃部位に病巣、口蓋扁桃部位に病巣、ヒト抗キメラ抗体を生じた

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

リツキサン点滴静注100mgの副作用等

 1.infusion reaction、発熱、悪寒、頭痛、血圧下降、気管支痙攣、血管浮腫

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.白血球減少、好中球減少

記載場所

重大な副作用

 3.アナフィラキシー様症状、肺障害、心障害、低血圧、血管浮腫、低酸素血症、気管支痙攣、肺炎、間質性肺炎、アレルギー性肺炎、閉塞性細気管支炎、肺浸潤、急性呼吸促迫症候群、心筋梗塞、心室細動、心原性ショック、infusion reaction

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 4.腫瘍崩壊症候群

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 5.B型肝炎ウイルスによる劇症肝炎、B型肝炎ウイルスによる肝炎増悪、肝不全

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 6.好中球減少

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 7.進行性多巣性白質脳症、PML、意識障害、認知障害、麻痺症状、片麻痺、四肢麻痺、言語障害

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 8.消化管穿孔、消化管閉塞、腹痛、腹部膨満感、下血、吐血、貧血

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 9.皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、天疱瘡様症状、苔癬状皮膚炎、小水疱性皮膚炎、死亡、汎血球減少、無顆粒球症、重篤な血球減少、重篤な感染症、敗血症、肺炎、間質性肺炎、心障害、心室性不整脈、心房性不整脈、狭心症、心筋梗塞、透析を必要とする腎障害、尿量減少、血清クレアチニン上昇、BUN上昇、一過性血圧下降、可逆性後白質脳症症候群、痙攣発作、頭痛、精神症状、視覚障害、高血圧、失明、難聴、視聴覚障害、感覚障害、顔面神経麻痺、脳神経障害

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

10.AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、総ビリルビン上昇、肝機能検査値上昇、肝機能障害、黄疸

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

11.血小板減少

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

12.咽喉頭炎、鼻炎、口腔咽頭不快感、咳、呼吸障害、血圧上昇、頻脈、潮紅、悪心、嘔吐、腹痛、口内炎、食欲不振、下痢、発熱、悪寒、発疹、そう痒、ほてり、関節痛、蕁麻疹、疼痛、倦怠感、虚脱感、頭痛、多汗、浮腫、異常感覚、しびれ感、貧血、電解質異常、ALT上昇、GPT上昇、AST上昇、GOT上昇、Al-P上昇、CRP上昇、LDH上昇、総蛋白減少、尿酸値上昇、結膜炎、帯状疱疹

記載場所

その他の副作用

13.過敏症、血清病、フィブリン分解産物増加、FDP増加、Dダイマー増加、血小板増加、筋攣縮

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

14.喘鳴、鼻出血、動悸、血管拡張、末梢性虚血、徐脈、口内乾燥、便秘、しぶり腹、筋肉痛、インフルエンザ様症候群、胸痛、体重増加、無力症、眩暈、不眠症、好酸球増多、BUN上昇、クレアチニン上昇、総ビリルビン上昇、皮脂欠乏性湿疹、投与部位反応、投与部位疼痛、投与部位腫脹、アルブミン減少、しゃっくり

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

15.infusion reaction、発熱、悪寒、悪心、頭痛、疼痛、そう痒、発疹、咳、虚脱感、血管浮腫

記載場所

使用上の注意

16.腎不全、高カリウム血症、低カルシウム血症、高尿酸血症、高Al-P血症、腫瘍崩壊症候群、tumor lysis syndrome、急性腎障害、死亡、透析が必要

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

17.B型肝炎ウイルスによる劇症肝炎、B型肝炎ウイルスによる肝炎、死亡、B型肝炎ウイルス再活性化

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

18.血小板数過剰増加

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

19.infusion reaction、アナフィラキシー様症状、肺障害、心障害、低酸素血症、肺浸潤、急性呼吸促迫症候群、心筋梗塞、心室細動、心原性ショック、死亡、副作用、劇症肝炎、肝炎増悪、肝不全、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜症状、不整脈悪化、不整脈再発、狭心症悪化、狭心症再発、気管支痙攣、低酸素症、急性呼吸器障害、肺機能悪化、好中球減少増悪、血小板減少増悪、末梢血リンパ球減少、免疫グロブリンが減少、感染症、感染症悪化、ニューモシスチス肺炎、呼吸困難、ヒト抗キメラ抗体を生じる、アレルギー、過敏反応、血小板数増加、血栓塞栓症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

リツキサン点滴静注100mgの相互作用

 1.薬剤名等 : 降圧剤による治療中

発現事象

一過性の血圧下降

理由原因

一過性の血圧下降

投与条件

-

指示

慎重投与

 2.薬剤名等 : 生ワクチン

発現事象

原病に基づく症状

理由原因

本剤のBリンパ球傷害作用により発病

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : 弱毒生ワクチン

発現事象

原病に基づく症状

理由原因

本剤のBリンパ球傷害作用により発病

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : 不活化ワクチン

発現事象

効果を減弱

理由原因

Bリンパ球傷害作用によりワクチンに対する免疫が得られない

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : 免疫抑制作用を有する薬剤

発現事象

発熱などの感染症<細菌及びウイルス等>に基づく症状

理由原因

過度の免疫抑制作用による感染症誘発

投与条件

-

指示

注意

リツキサン点滴静注100mgの配合変化

 1.薬剤名等 : 他剤

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

リツキサン点滴静注100mg

リツキサン点滴静注100mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます